top of page

P.1    エネルギー研究所

エレメントのバランスが崩れ、迷宮内の風化現象は非常に激しいものとなっていた。冒険者たちはついに倒壊していない建物を見つけました。

外見からはおそらくルヴィ族の研究所であると判断し、内部に入って少し休憩することに決めました。

 ❤ 全ての冒険者のHP+2  

地面や室内は砂に覆われていますが、この研究所は堅固な建材で造られているため、周囲の建物とは異なり、魔物や環境の脅威による腐敗や崩壊は進んでいません。

広間には複雑な巨大機械がいくつも鎮座しています。
半壊した外観からはもはや機能していないことが分かり、ただの鉄のクズと化する。


冒険者たちは地面や機械の周辺に散らばる鉱石を拾い上げ、じっくりと観察しました。彼らの目には、これらはどこにでも見られる普通の石です。


宝石でもなく、魔力の反応もなく、武器の材料にもならない平凡な石が機械の中でどんな価値を生み出すのか、古代人の技術は本当に理解しがたいものであった。


冒険者たちはこの場所を探し回りましたが、既に誰かによって荒らされてしまったようで、有用なアイテムやこの場所に関する文字の記録はどこにも見つかりませんでした。


突然、廊下の曲がり角から金属同士が擦れる不快な音が聞こえてきます…

P.3    碑文広場

P3
碑文廣場.png

冒険者は都市の中心部に位置する市民広場にやって来た。

そこには真っ白な巨大な彫刻と、
壊れた瓦礫が数えきれないほど置かれている。古代のルヴィ族の都市の輝かしい歴史は、広場内の石碑に静かに刻まれているだけだ。

怪物に占拠された危険な魔域となってしまったこの場所でも、大理石で造られた壮大な人造物は冒険者たちを驚かせる。

「これが
黄金の丘と呼ばれ、伝説の錬金術の発祥地だ!」

「黄金を造り出すことなど些細なこと、我々の願望は時間の征服にある。古代の人々は本当に大それたことを言っていた!」

「ここにいる奴らは襲ってこないみたいだけど…ただその見た目が醜くて胸が悪いだけ…」

原因不明の理由で、
人型の砂の魔物が広場を無目的に彷徨い、かつての繁華な風景を不器用に再現しているかのように、操り人形のように動いている。

「…面白いものは何もないな。錬金術の都というだけあって、あちこちに黄金があるはずなのに…」

「みんな、
石碑の文字を写してくれ!これらは依頼主に重要な証拠を提出するためのものだからね!」


 ★ 獲得【碑文の手書き本】!  
 ⇅  次元干涉計+2  

P.5    大図書館

P5
大圖書館.png

錬金術の研究都市ティラは、もちろん誇り高きの大図書館を持っていた。
ここには
ルヴィ族の文明の結晶が収められており、もしその技術が世に公開されれば、教会の勢力を震撼させる禁忌の宝庫となることだろう。
都市が変異した後、本来神聖な知識の殿堂は乱雑になり、その主の歴史と同様に深い砂に埋もれてしまった。

冒険者たちは、このダンジョンに関するさらなる手掛かりを見つけようと試みるが、簡単な翻訳ツールだけでは書物の
正確な内容を確認することは難しく、散乱した書庫の中で有用な情報を見つけることはまさに難題だった。

冒険者たちが手詰まりになった時、突然共通語の声が響き渡った。

「おや、ここに私以外の人間が現れるとは。あなたも真理を追求するために来たのか?」

それは存在感の薄い男性の声だった。高く積まれた書物に遮られていたため、通路を通り過ぎる際にはまったく気づかれていませんでした。

男性に敵意のようなものは感じられなかったので、冒険者たちは彼と短い交流を始めることにした。

男性は学者であり、迷宮内で仲間と別行動を取った後、この図書館に完全に迷い込んでしまったという。

P7

P.7    地下監獄

地下監牢.png

どんな時代でも、地下監獄は最も過酷な環境である。暗く湿気たり、日の光を見ることもなく、あらゆる汚れや悪意が集まる終着点だ。

「本当に入るんだろうか?」

「門番の魔物さんも大きな口を開けて私たちを歓迎しているよ!」


【戦闘判定】ダイスを振ってください。
1-3: 冒険者にダメージなし 
4-6: 全ての冒険者HP-1 


魔物たちと激しい戦闘の末、冒険者たちは地下エリアに足を踏み入れる。そこには、ルヴィ族の光輝の裏に隠された闇がある。

魔物の巣と化したため、臭気をもたらすものは一掃され、地面には数え切れないほどの無名の骸骨だけが残されている。

小さな部屋には拷問具とは異なる特殊な器具が配置されており、この場所は牢獄よりも公にできない
秘密の実験場所であることを示唆している。

「魂を搾取して力を得る…本当にひどいな実験だな…」

壁には曲がりくねった文字があり、囚人たちの
ルヴィ族に対する憎悪と怒り、そして彼らの命の残り日数が凝縮されている。冒険者は微かな光源に頼りながら、
この苦痛に満ちた監牢を慎重に探索する。

倒れた岩の下で、
空色の角が一つ見つかった。


 ★【オーランダ族の断角】を入手しました!  
 ⇅ 次元干涉計+2  

P9

P.9    精錬所

精煉工場.png

エレメントのバランスが崩れ、砂漠地帯にある古都ティラは常に極端な気候に包まれている。その中でも最も恐ろしいのは突如として訪れる砂塵嵐だ。

この突然の天災により、探索中の冒険者たちはあわてて
地下の廃工場に身を隠す。

もちろん、ダンジョン化が進んだ都市内では、遮蔽物となる空間がほとんど魔物の巣と化している。魔物たちは暗闇の中で虎視眈々と獲物を待ち望んでいる。

「なんだか私たちはあまり歓迎されていないようだね!」

「もしダンジョンに優しい魔物がいたら、一度会ってみたいものだ…」

見知らぬ閉鎖空間で闇に潜む魔物との戦闘に、冒険者たちは危険なことと判断します。

「あそこに
戦闘用ゴーレムみたいなものいるけど、古代文明の力を借りてみるのはどうだろう?」

冒険者は壁際に倒れているゴーレムを指し、無謀な戦術を実行しようとする。

P.11    監視塔

P11
哨站.png

「真理の民も滅びの運命から逃れられなかった。あの時の災厄はいかに恐ろしかったのか…」

戦場に散らばる城壁の破片と巨像の残骸を見て、荒廃した
古都の外縁地の景色を見つめながら、冒険者たちは言葉を失う。

都市を守るバリアはもはや存在せず、残った監視塔が孤独にこの土地の変化を見守ってる。


「ルヴィ族が自身の能力にあまりにも自信を持ちすぎたため、能力が通用しない魔物に対して手をこまねいていたのかもしれないね。」

ダンジョンに巻き込まれたら、存在そのものも消し去られる。我が大陸ではどれほどの国々が音出ずに消え去ったのだろう?」

「だからこそ冒険者ギルドの存在が必要なのだ!ダンジョンはしっかりと管理されるべきだ!」

冒険者たちは静かな荒野で一つまた一つの監視塔に登り、役立つ残り物を探し求める…

ついに壊れた椅子の下で古びた日記帳を発見します。
そこには次元の隙間に消えされた真実の一部が記されています。

 ★【古びた日記帳】を入手しました!
 ⇅ 次元干涉計+1  

P.13    大穴

P13
大穴.png

魔獣の咆哮もなく、戦火の傷跡もない。

かつては黄金の丘「ティラ」の
中心地帯だった場所は跡形もなく消え去り、代わりに底知れぬ大穴が広がっている。

「この場所の雰囲気、どうも気持ち悪いな。何も価値のある発見もないし、早く立ち去ろう…」

「おかしいな、地面の砂がいつの間にか黒く変わっている?」

冒険者たちが踏む砂地は知らぬ間に黒の染料で染まり、
漆黒の領域が大穴からダンジョンを侵食している。風さえもいつからか止まり、静寂は恐ろしいほどに広がっている。

迷宮災厄、その恐るべき言葉が冒険者たちの頭に浮かぶ。

P15

P.15    劇院

劇院.png

劇場は静かな通りの一角にそびえ立っている。かつて壁に飾られた華麗な装飾や彫刻は風化し、寂しい光景を作り出していた。

しかし、近くの崩壊寸前の建物と比べれば、劇場は
身を隠すのに十分な場所を提供していると言える。


 ❤ 全ての冒険者のHP+2  

冒険者が装備を整理するために観客席で適当な場所を見つけていると、舞台からキーキーと機械の回転音が聞こえてきた。

そして、どこからともなく
微かな音楽が響き渡り、壊れた機械人形が舞台の下から現れ、錆びついた体を硬直させながらパフォーマンスを始め、存在しないはずのお客さんを歓迎した。

「入…入る前からこの場所が心霊現象の舞台になると感じていた。早くここを出よう!古代の悪霊が私たちを呪う!」

「ダンジョンでもよく出るじゃないか?あの煙のように黒く、こっそりと現れる不死の魔物たち。」

「アンデッドは魔物だ!悪霊ではない!」

「…あなたの基準がよく分からないなぁ。」

P17

P.17    素材保管庫

材料保存庫.png

長く続く階段を下り、数多くの魔獣の死体を通り抜けた冒険者は、冷気が漂う広大な空間に到達しました。

その先には固く閉ざされた大きな扉があります。冒険者は勇気を振り絞り、扉に触れてみる。するとカチャリという音が鳴り、機構が成功に作動し、扉は静かに両側に開かれました。

最初に目に入ったのは通路に並ぶ巨大な透明な箱で、その中には形態の異なる魔獣の体の一部が液体に浸かっていました。この場所は腐敗したダンジョンとは対照的に、明らかに破壊を受けておらず、まるで稼働しているかのようでした。

「おお、魔物の生産拠点を見つけたか?」

「愚か者、無駄に触れて罠を起動させるんじゃないぞ!」

冒険者たちは通路で規則的に移動する球体状の未知生物にも気づきました。それらは箱の前で停止し、両側から触手を伸ばして金属の突起に何かを操作しているようでした。


魔獣と球体生物が保管された巨大なガラス槽を警戒しながら、冒険者たちはこの場所の秘密を探ろうとしました…
部屋の奥にはよく整理された小さな書斎がありました。本棚と机の上には、冒険者には理解できない言語や記号で書かれた難解なノートが並んでる。

「うーん...この記号は霊魂を意味し、これは火の元素を表しているのか?この配置はおそらく変換のための魔法陣だろうか?他のはよくわからないな」

一冊を持ち帰って研究しようと思った矢先、球体状の未知生物が武器を示し、敵意を持って集まってきました。本を置いた瞬間、それらの未知生物は元の状態に戻りました。おそらく部屋の主は本が勝手に持ち出されることを望んでいないのでしょう。


 ⇅ 次元干涉計+1  

「もしこれらが部屋の主が創り出した魔法生物なら、彼らを喜ばせる何かはあるだろうか?」

P19

P.19    展望デッキ

瞭望台.png

ここは古都の中でまだ崩壊していない、冒険者が到達できる最高地点です。展望デッキから下を見下ろすと、失われた古都ティラの全景が目に映ります。

 ❤
全ての冒険者のHP+1  

この街はダンジョンの暴走による災害で壊滅的な被害を受け、多くの地域が完全に消失し、住宅地の近くには底の見えない大きな穴が残されています。

「ダンジョンに入ってからずっと違和感を感じていました。ここは
千年前に消滅したはずではないのに、崩壊の痕跡が数年前のもののように見えます。アイテムの保存状態も異常にいいです。」

「そうですね、冒険者ギルドの迷宮災害に関する見解とは多くの食い違いがあります。」

「…ここの
時間はまるで停止したようです。」

P21

P.21    崩れかけの神殿

破碎神殿.png

湖底の一角、金属の残骸と破損したパイプで埋め尽くされた地上に、冒険者は小石で舗装されたほとんど見落とせない小道を発見しました。

湖底に
人工の道路が現れたことに違和感を覚え、石の小径を辿ることにしました。小径は北に続いており、最終的には普通の岩壁の前で途切れ。

このような古びたトリックは、ダンジョンを数多く攻略した冒険者には簡単には騙されません。
錯視の呪術を解くための準備も既に整っていました。呪術を発動させると、予想通り、石壁の後ろに隠された洞窟が現れました。

洞窟の入り口に立てられた
クリスタルの柱は、この入口を隠すための秘術であることが分かります。新たな発見に冒険者は興奮しました。罠を慎重に避けながら、階段を下りながら地底へと進んでいきます。

洞窟の内部は、この都市を支配していた
ルヴィ族とはまったく異なる技術で造られていることが分かります。果たして、この湖底に誰が密かにこの場所を建設したのでしょうか。

最下部の空間に到着すると、そこには
古代の神殿があります。神秘的な力によって保護されているため、
風化やモンスターの侵入を受けておらず、内部は良好な状態です。

部屋の中央には、裂けた巨大な女性像があり、おそらく遺跡の建設者が
崇拝していた女神の姿です。そして、像の後ろの石段には、複雑なルーンが描かれた空の棺が置かれています。

P23

P.23    人造湖

人工湖.png

冒険者は廃墟探索中に、どこかで不自然な白い煙が上がっているのを目撃した。好奇心に駆られ、慎重にその場所に近づくことにした。

水源のそばで、質素な冒険者の服装を身にまとった
粗野な獣人の男が釣りをしているのを発見した。彼はしばらくこの場所を仮の拠点としており、近くのテントにはキャンプ用の生活物資が置かれていた。

男性は友好的な笑顔を浮かべていたが、身体中の
傷と戦いの痕跡から冒険者は警戒心を高めざるを得なかった。

「このおかしいところで生きている人間に出会えるとは思わなかった! 坊っちゃんたちは帰り道が見つからずにここに取り残されたのか?ハハハ!」

男性の大
陸共通語による会話が冒険者に安心感を与え、彼と簡単な会話を交わし、お互いの情報を交換した。

男性は
トレジャーハンターのようで、仲間と共にダンジョンに潜入し、ある宝物を探しているようだった。
しかし、特別な装備や古代の知識がなければここでの探索は自殺行為と同じだと言いだが、男は探索に関する
話題は避けるようにしていた。

「…とにかく、俺たちは
巨大な斧を持った魔物に襲撃されて散り散りになったんだ。もしもあの怪物に出くわしたら先に逃げるんだ!それは簡単に倒せない大物だぞ!」

「ところで、トレジャーハンターの流儀を知っているよね。せっかくの機会だから、坊っちゃんたち持っている
アイテムから俺と何か交換しようか?」

P.25    入り江

P25
港口.png

砂漠の領域に足を踏み入れると、ダンジョンの環境が変化し始めた。

まるで迷宮の支配から解放されたかのように、
青い空が幻想的な色彩が広がった。灼熱の気温も身震いするほど下がっている。

街中には精巧な古代遺跡があちこちに見られるが、ここではただひたすらに雑造され、歪んだ形をした模造品が存在する。ただ
砂海に散らばるごくわずかな金属のかけらから、かつてここが港であった痕跡を辿ることができる。それに加えて、冒険者たちの気を引く不思議な現象がある…

「奇妙な魔物たちは本当にここから現れるのか?」

砂漠上に次々と陥没地が現れ、周囲の砂が未知の力によって
人型に集まり、陥没地から徐々に城の方向へと移動していく。突然、砂海の下から大きな口が現れ、
新たに生まれた砂の人々を一瞬にして飲み込んでしまった。

「あああの
魚のような怪物は一体何なんだ!
 もしかしてダンジョンの主なのか!」

「私たちは本当に砂海に足を踏み入れて、あんな魔物と戦うのか?全く勝ち目がないですよ!」

P27

P.27    植物園

植物園.png

風化によって砂塵が渦巻く環境とは異なり、冒険者たちは都市の中に森林のような原始地域が存在するこ
とに気づきました。

ダンジョンの魔力の影響を受けて、植物は
異常に繁茂し、強力な生命力で土地から栄養を吸い取り、領土を広げています。

森の中には、魔獣の特徴を持つ
植物モンスターが潜んでおり、近づくすべての生物に攻撃を仕掛けます。

道の両側に広がる長い枝葉は冒険者に不気味な手招きをし、彼らをこの植物の楽園の餌食に誘います。

茂みに覆われ、元の姿がわからなくなっている建物群を見つめながら、冒険者たちは策略を練ります。

「おい、この植物どうにかしないか?
焼き尽くすのはどうだ?」

「雑草処理と言えば、もちろん
の登場です!」

P29

P.29    結界門

結界門.png

石造りの城壁のような大きな扉が、孤立して砂漠の平原にそびえ立っており、周囲の環境とは一線を画している。

純白の材料でできた厚い扉には、古代人が
高度な技術で作り上げた複雑な幾何学模様が彫られています。

扉の近くの広場には激しい戦闘の痕跡が残されており、大地には巨大な切り傷と焼けた痕跡が刻まれています。

「きっと中には重要な場所があるはずだ。ダンジョンのコアかもしれない!」

「まぁ宝物庫かもしれないね。」

冒険者たちは力を合わせて扉を押し開こうと試みますが、古代の防壁はひるまず動きません。怒り心頭に発した魔法でも、一筋の傷さえつけることはできません。

「よく見てみると、取っ手の
図案が一部欠けているように見えるね。」

「うーん、
半円状の蛇だったかな?どこかで見たような気がする…」

どうやら資格のない者には、
この門を開けることは絶対にできないようです。

P.31    結晶樹

P31
結晶樹.png

都市の工房区には異常な領域があります。
街路の大理石の舗装や建物、この地域の人工物全てがまるで最初から
消えたかのように見えます。

そして唯一存在するのは、巨大な深い穴から突然生えてきた、
3階建ての高さの結晶樹です。

結晶樹は透明で、クリスタルは陽光の下で淡い紫色に輝きます。

有機物でも人工物でもない結晶樹は、まるで
魔物の好物のように見え、木の下には熱心にかぶりつくようにして群がっています。

P33

P.33    名もなき墓

無名墳墓.png

冒険者たちは干上がった湖底に到着した。

かつてルヴィ族にとって重要な水源だったこの場所は、今では散乱した石と風化した遺骸だけが残っている。

湖底には何か宝物が埋まっているのかと期待していたが、目の前に広がる骸骨の光景はまるで
墓地を思わせる。

ルヴィ族は禁忌を犯して天罰を招いたのか、それとも偶然の悲劇が滅亡をもたらしたのか、
真実は黄砂の下に隠されたままだった。

荒廃した地上を歩く冒険者たちも黙り込んでしまう。
岩壁の一角には、
ルヴィ族の彫刻スタイルではない小さな石碑が見つかった。

P.35    鉱坑

P35
礦場.png

冒険者は暗いトンネルを進み、黄金の丘の地下鉱坑に到着しました。

ここは
都市のエネルギー供給に使われる鉱石を採掘する重要な場所です。

「魔物たちはこの場所には興味がないようですね。当然ですよ、ゴーレムの金属の残骸は美味しそうには見えませんから…」

「黄金の丘の鉱坑と聞いて、古代人の金鉱かと思ったのに、空振りでしたね。」

錬金術文明の消滅とともに、残された
赤晶鉱の価値は後世には認識されなくなってしまいました。魔石こそが現代の冒険者にとって最も重要な資源です。

P37

P.37    オアシスの蜃気楼

海市蜃楼的綠洲.png

砂塵嵐が起こり、冒険者たちは再び方向を見失った彼らは、目の前が見えずによろめきながらも、ぼんやりとした目的地に向かって進んでいきます。

まるで見えない力に導かれるかのように、彼らは無事に
神秘的な空間に辿り着きました。

通常、日夜の変化のないダンジョンの空間であるはずが、いつの間にか漆黒に包まれていました。

夜が空に広がり、まるで星の力がダンジョンの影響を拒絶しているようでした。

冒険者たちは気づくと、厄介な魔物やルヴィ族の奇妙な機械装置も空間に消えてしまっていることに驚きました。彼らは自分たちがまだダンジョン中にいるのかどうかを疑い始めました…

「おかしいな、
座標が全然合っていない。<スターテイカー> はさっきの砂塵嵐で壊れたのかな?」

「ここはまだ安全だ。
修理を簡単に済ませよう」


 ❤ 全ての冒険者のHP+3  

草むらの奥で、一人の少女が背を向け、美しい星空を見上げている。彼女は軽装であり、ダンジョンの中で一人で生き抜くことはできなさそうです。

「あらあら、迷子の旅人よ、久しぶりね。あなたたちもお散歩に来たの?」

P39

P.39    名も無き荒野

無名荒野.png

古城の外に広がる荒野は、乾ききった割れ目だらけの大地で、生命の息吹は感じられない。

暗闇からは
魔物の低い咆哮が聞こえ、まるで冒険者を絞め殺す大蛇が一歩ずつ近づいているかのようだ。


「さっきまで城の中にいたはずじゃないか?どうしてこんな所に迷い込んだんだ!」

「このダンジョンでは空間の概念が曖昧で不安定だ。探索術式の解析が完了するまで、ここを離れるのは難しいだろう」

「お前が自慢の<スターテイカー>で、ダンジョンの中心部にワープできる機能がないのか?」

「現実から逃げないでくれよ?私たち今は魔物に囲まれているんだぞ!」

ダンジョンは常に罠を仕掛け、侵入者が油断した瞬間に爪を伸ばし、不運な獲物を飲み込んでしまう。

P.41    市集

P41
市集.png

冒険者は荒廃した市場の遺跡に到着しました。この地域は市街地の他の地域と比べて、魔物の数が非常に少なく砂の人形のようなダンジョンのモンスターも見当たりませんでした。

安全なエリアに滞在する貴重な機会を得た冒険者たちは、古代遺産の宝庫で貴重な宝物を探し、巨額の遠征コストを補填することを決意しました。

神代の失われた文明、禁断の遺産、いずれかの称号は、コレクターや学者たちを狂喜させるものでした。
冒険者たちは
周囲の安全を確保するために魔法を使いながら探索を進めていく中で、予期しない発見をしました。

「あそこに人が倒れている。魔物が変装しているわけではなさそうだ。」

遭難者か?服がボロボロだな…」

「魔物に荒らされるのは見過ごせないから、掘ってきちんと埋葬しよう。」

壁に倒れている小柄な体を見つめながら、冒険者の義務を果たす決意を固めていた時、突然、死体と思われる女性が弱々しく近づいてきた冒険者に呻き声を上げました。

「少し…食べ物を分けてもらえませんか?お腹がすいて動けなくなってしまったの…」

死に目に会わせないような心構えで、冒険者は地面に倒れている女性に
一部の食糧を分けることにしました。

「わあ、砂や虫じゃない、本物の食べ物だ!」

「だから魔物を誘って襲わせて、それで反撃して食料を手に入れるつもりなのか?やり方がおかしいよ!」

あちこち穴だらけの
黒い司祭の服を身に着けている女性は、奇妙な作戦を実施しているようです。

彼女は
長い耳を持つ魔法使いであり、仲間と一緒にダンジョンを冒険するようです。

突然の魔物の襲撃により
仲間とはぐれ、戦闘中にバックパックも壊れてしまったため、彼女は一人でダンジョンの中でさまようことになりました。水は魔法で処理できますが、食べ物を作り出すことは彼女の能力を超えています。

この迷路状の場所で一人で行動することは危険ですが、冒険者たちは自由に同行者を増やすことはできませんでした。

「ああ、このような姿を見られるとは、私は実は強いんだよ!ただ特殊な魔法を使ったせいで自由に行動できないだけで、みなさんには恥ずかしい姿を見せてしまったな…」

魔法使いはこの場所に
自由に出入りする能力を持っているようで、彼女のぼろぼろの外見とは裏腹に、実際には生命の危険はまったくありませんでした。

「冒険者よ、この
硬貨を受け取ってくれ。刻まれている魔法は悪霊を追い払い、幸運をもたらす力を持っている。すごいものだよ!食料の恩義は必ず後日返すからね。アセラの光があなた方と共にありますように!」


 ★【祝福された硬貨】を入手しました!
 ⇅ 次元干涉計-2  

bottom of page